ソーラー発電

愛知県の補助金を使って激安でソーラー発電を設置するには?

愛知県の補助金と申請要件。

 愛知県は、年間の日照時間が長いので、太陽光発電の導入に
適した地域
と言われており、住宅用太陽光発電施設の導入件数では
全国の都道府県で第1位の規模です。

 そんな愛知県には、もちろん、太陽光発電システムを導入する際に
受けられる補助金の制度があります。
太陽光発電システムを導入する場合には、国からの助成金と
県の助成金と市町村からの助成金の3つの交付を受けられる
可能性がある
のです。

 愛知県が太陽光発電システムの設置に対して交付する補助金は、
愛知県住宅用太陽光発電施設導入促進費補助金
といいます。
この補助金は、県内の市町村が、住宅用太陽光発電施設を導入する
個人に対し、その導入に要する経費の一部を県が補助することによって、
温室効果ガスの排出を抑制し、地球温暖化防止に寄与することを
目的
としています。

 申請の要件は、
個人が申請すること
・市町村補助金の補助対象であること
自ら居住する住宅に設置すること(共同住宅や店舗兼住宅の場合も住宅の
確認ができ、居住の実態があれば対象となります。)
・ソーラー発電システムが未使用品であること
・最大出力の合計が10kW未満であること(ただし、県の補助対象は4kW上限
となっています。


県の補助金は市町村の補助金に含まれます。

 愛知県の太陽光発電システムに対する助成金は、
市町村との協調間接補助なので、県から直接交付される
わけではありません

補助を実施している市町村の補助に対して、県が応分の負担を
する形をとっています。
つまり、県からの補助金は、市町村から住宅用太陽光発電施設
設置者に交付される補助金に含まれています

ですので、交付の手続きは、居住の市町村に申し込めば、県の補助金と
市町村の補助金の申し込みの両方が一度に済むわけです。
ただし、国の補助も申請する場合には、この分は、別途、太陽光発電
普及拡大センターに申し込む必要
があります。

 申請が受理されれば、国、県、市町村の補助金を合わせて
受け取ることができます

ただし、当該居住の市町村で補助を行っていない場合には、県の補助を
受けることはできません。
補助金の申請状況については、市町村のホームページや、太陽光発電
システムの仲介サイトなどで随時かくにんすることができます。
ほとんどの市町村では先着順の受付で、予算枠を使い切ったら終了に
なることが多いので、こまめに確認すると良いでしょう

PageTop

太陽光の一括見積もりサイト

太陽光の補助金と価格

見積もり・設置・工事

サイトについて

ソーラー発電のお役立ち情報

用途別のプラス・マイナス

自治体での補助金の活用