ソーラー発電

補助金を使ってソーラー発電を激安で設置する方法

国から補助金が交付されます。

 ソーラー発電システムは車一台分ほどの高額品です。
設置する太陽光パネルの数にもよりますが、150万円〜200万円ほど
の初期投資
が必要です。誰だって、少しでも安く設置したいですよね。
自宅に太陽光発電システムを設置する場合、申請して受理されれば、
国から補助金がもらえます


 申請資格があるのは、
住居に太陽光発電システムを設置し、電力会社と電灯契約を結ぶ、
個人、法人(個人事業主を含む)、または建物の区分所有等に関する
法律にもとづく管理者などで、
・太陽光発電システムの購入者であること
・電灯契約をしている契約者本人であること
・申請者(個人)は太陽光発電システム設置後に排出削減事業へ参加すること
・個人で申請の場合、排出削減事業への参加すること
などが要件になります。
(H23申込み分から適用/補助金の申込、および報告時に意思表明と確認が必要です。)

 太陽光発電システムの
設置補助金は、
太陽電池の公称最大出力1キロワットあたり48000円です。
ただし、公称最大出力が10kW未満であり、小数点2桁未満は切り捨てなので、
公称最大出力の上限が9.99kWになり、補助金交付額の上限は479,520円です。
公称最大出力が10kW以上の場合は補助対象外となります。



地方自治体の補助金も合わせて利用できます。

 全国一律同じ条件(出力キロワット×48000万円)で交付される
国からの補助金に加えて、
都道府県や市区町村からも
それぞれ補助金がもらえることもあります

運がよければ、国、都道府県、市区町村から
3つの補助金
貰うことが出来るので、「三階建ての補助金」などとも呼ばれています。
ただし、補助金があるかどうかや、支給条件などは自治体によって
異なります


 温暖化防止に役立つということで、太陽光発電に対する意識が
高まっていますから、補助金を支給する自治体は増えていますが、
全てではありません。
 また、新しく補助金の支給を開始しても、
予算がいっぱいになると受付を
終了
してしまうので、本当に「三階建て」で3カ所から補助金をもらえる
地域は、そう多くないのが実情
です。
国にせよ都道府県や市区町村にせよ、補助金は、各行政機関がそれぞれ予算を
設けてそこから支給しています。
ですので、予算を使いきったら、基本的に補助金の受付は終了します。
受付は先着順がほとんどです。
各行政機関の補助金の受付状況については、インターネットなどで
確認
することができます。
 
 補助金を上手に使って、お得に太陽光発電システムを設置しましょう

PageTop

太陽光の一括見積もりサイト

太陽光の補助金と価格

見積もり・設置・工事

サイトについて

ソーラー発電のお役立ち情報

用途別のプラス・マイナス

自治体での補助金の活用