ソーラー発電

太陽光パネルの価格は?

太陽電池の差です。

 太陽光パネルの値段は、太陽光パネルを構成する太陽電池に
何が使われているか
で、かなり違ってきます。
現在、太陽光パネルにもっとも多く採用されている太陽電池は、
多結晶シリコンと言われるものです。
リサイクルシリコンなどを材料にして生成しているので値段も
安く、太陽光パネルの
普及に貢献した太陽電池です。
コストパフォーマンスの高い製品が多いので、
幅広い用途におすすめできる
太陽光パネルです。

 多結晶シリコン以前に使われていた単結晶シリコン太陽電池は、
高純度のシリコンを材料とする
変換効率の高い太陽電池です。
値段は高くなるので、多結晶シリコンがソーラーパネルの主流となってからは、
採用されることが少なかった単結晶シリコンですが、熱変換効率が高さから、
最近では
主力機種に採用しているメーカーが増えつつあります。

 また、単結晶シリコン太陽電池と同じ価格帯に、薄膜単結晶シリコンと
アモルファスシリコンのハイブリッド型の太陽電池
があります。
単結晶シリコンの変換効率の高さとアモルファスシリコンの温度特性の
良さを併せ持つこの太陽電池はHITとよばれています。
変換効率の高い単結晶シリコンの太陽光パネルや、高い発電量が
見込めるHITは
屋根面積に余裕がない住宅に採用するのに
向いています。
 


太陽光パネルの数と設置費用の関係。

 太陽光パネルの設置枚数が少なくなると、1kwあたりの設置費用単価は
高くなり、太陽光パネルの設置枚数が多くなると、単価は逆に低くなります

太陽光パネルの数が増えても減っても、室内側のパワーコンディショナーや
モニターなどの関連機器の数は増減しないからです。

つまり。
太陽光発電システムの規模が変わっても、
発電した電気を使用するのに
必要な宅内の基本設備にかかる費用は同じ
なのです。
なので、4kwのときの設置費用単価のほうが、3kwのときの設置費用単価
よりも安くなります

3kw未満のソーラーシステムの見積もりが、容量の小さい割に意外と高く
なってしまうのは、こうした単価のからくりが関係しているからです。
 
 また太陽光発電システムの設置費用に大きく関係するのが設置する
屋根の形状です。
もっとも設置費用がかからない屋根型はシンプルな切妻屋根です。
全モジュールが一面におさまらないような場合は費用も少し高くなります。
どんな形の屋根でも屋根がけが幾重にも連なっている現場は、設置金額が
高め
になります。


PageTop

太陽光の一括見積もりサイト

太陽光の補助金と価格

見積もり・設置・工事

サイトについて

ソーラー発電のお役立ち情報

用途別のプラス・マイナス

自治体での補助金の活用