ソーラー発電

ソーラー発電システムの導入費用は?

ソーラー発電システムの導入費用

 太陽光発電システムを導入する場合に発生する費用には
ざっくりわけてシステム価格工事費があります。

 一般的な住居に太陽光発電システムを導入する場合の容量は
3〜5kWで、その導入にかかる費用は、「1kWあたり60万円」という
相場を目安に計算すると、だいたい180〜300万円程度です。

 たとえば、3.5KWのシステムを導入した場合の例ですが、
太陽電池パネル 72,000円×20枚= 1,440,000円
パワーコンディショナー   280,000円
発電モニター      50,000円
リモコン・ケーブル・その他          20,000円
設置架台             200,000円
架台工事費          100,000円
太陽電池モジュール設置工事費      320,000円
電気配線工事費   200,000円
値引き額             600,000円

 合計で2,010,000円となり、 さらに、申請手続き費用や諸経費が
加算
されます。
このケースの場合、補助金が交付される金額まで値引きが
なされて1kWあたりの導入費用は約57万円となっています。
(補助金の交付は1KWあたり導入費用が60万円以下が要件)
その他、採用するパワーコンディショナ-などの周辺機器によっても
価格は多少変動します。
 


施工費用を確認しましょう。

 太陽光発電システムを導入する場合に発生する費用で
大きく差が開くのが、工事費または設置工事費と呼ばれる部分です。
前出の例でいうと、
架台工事費、太陽電池モジュール設置工事費、電気配線工事費
などがこれにあたります。

 インターネットなどを見ると、システム価格は価格が明示されていて
判りやすいですが、施工費用の算定基準はわかりずらいことが
多いです。

 太陽光発電システムの施工を行っている会社は世の中に沢山あります。
それぞれが、「どこよりも安い」、「高いけれど施工が丁寧」などの
特徴をもっています。
できれば経費はやすいほうが良いですが、だからといって、
「安かろう悪かろう」のイイカゲンな施工では困ります。
施工の良し悪しが、太陽光発電システムの耐用年数や、
発電効率に影響する
からです。
 
 見積もりを取る際には
施工に使用する部品や部材の品質(メーカーの純正品であるか否か)
施工は自社の施工部門が行うのか、外注で行うのか
近隣地域での施工実績が豊富であるかどうか

などについて確認するようにしましょう。

 また、相見積もりを取って、施工費用の相場を確認し、不明な点や
わからない点は確認するのが好ましい
です。



PageTop

太陽光の一括見積もりサイト

太陽光の補助金と価格

見積もり・設置・工事

サイトについて

ソーラー発電のお役立ち情報

用途別のプラス・マイナス

自治体での補助金の活用