ソーラー発電

太陽光発電は何年で元が取れるの?

およそ10年といわれています。

 太陽光発電システムを自宅に設置しようと考えた場合、かならず考える
ことの一つに、「
何年で元が取れるの?」があります。
つまり。
太陽光発電で得られる節約分や売電分で、太陽光発電システムの
導入コストをペイするには、何年かかるのか
、ということです。

 少し前までは、太陽光発電システムの元を取るまでには15年から20年
かかると言われていましたが、
現在では、
・太陽光発電システムの価格が下がった
・補助金が交付される
・売電単価が上がった

などのおかげで、約10年ほどで元が取れるケースが多くなりつつある、と
いわれています。

 太陽光発電システムは、その設置案件ごとに、発電量が大きく違うので、
絶対に10年で元が取れるとはいえませんが、
太陽光発電に向いているとされる立地条件で、4kwhクラスの発電システムを採用
した場合、ほとんどの案件では10年前後で元が取れる、と一般的には言われています。

 初期投資が小さければ、それだけ短い期間で元がとれるということなので、
補助金や相見積もりを上手に使って、無駄なく太陽光発電システムを
設置しましょう




シミュレーションしてみましょう。

 元がとれてしまえば、以降は長く稼働するほど経済効果が
プラスになるのが太陽光発電システムですから、
初期投資の回収は早いにこしたことはありません
 太陽光発電システムの初期コストが約10年ほどで
回収できるようになった理由には、固定買取制度によって
売電単価がこれまでの倍近くにまで拡大されたことが大きいです。

 ただし、固定買取制度自体は10年間継続されることになっていますが、
売電単価は毎年見直しがなされて下がっていきます
(平成22年度は1kw 48円、平成23年度は1kw 42円)
導入コストを少しでも短期間に回収したいと考える方は、
できるだけ早く(つまり売電単価が高いうちに)、
太陽光発電システムを設置するほうが良いでしょう


 ただし、売電の量やローンで購入した場合の金利によっても
収支の状況は変化しますので、購入を検討している方は、
一度シミュレーションをすると良いです。
見積もりの際にシミュレーションをしてくれるサイトや販売設置業者
ありますので利用してみてください。

 また、自分で計算する場合には、
・太陽電池容量 1kWシステム当たりの年間発電量が
約1000kwhほどは期待できること
・発電量に占める売電の比率は平均で約60%であること
・設置から15年後にパワーコンディショナーの交換が必要になるので、
メンテナンスコストを30〜35万円ほど計上する必要があること
などを参考に計算してみてください。

PageTop

太陽光の一括見積もりサイト

太陽光の補助金と価格

見積もり・設置・工事

サイトについて

ソーラー発電のお役立ち情報

用途別のプラス・マイナス

自治体での補助金の活用