ソーラー発電

ソーラー発電で節電する3つの方法

自宅の電気はソーラー発電で賄う。

 太陽光発電を上手に利用すれば、日中の電気を電力会社から買う
必要がなくなります

 太陽電池で発電された電気はそのまま家庭では使えませんが、
パワーコンディショナーという装置を使うと家庭で使える電気に変換できます。
太陽電池は、乾電池などと同じで出力は直流なので、家庭用のコンセントで
使う場合には、交流に変換する必要があるのです。
 その他にも、電圧、周波数、電流、位相、有効及び無効電力、同期、
出力品質(電圧変動、高調波)等を制御しなければなりません。
パワーコンディショナーを通って整えられた電気は、家庭用の配線に
電気を送るため「分電盤」を通り、分電盤からは、普通のコンセントに繋がります。

 このようにして、
太陽光発電システムで作った電気で、家庭で使用する
電気の約7割が賄える
といわれています。
 日照時間の長い春や夏はもちろん、梅雨の季節や冬でも増減はあるものの
1年を通じて発電するので、寒冷地をのぞく全国で、ほぼ安定した電力を
供給することができます。
 ただし、
電気代に対する経済的なメリットはご家庭の電気使用状況によっても
大きく異なりますので、詳しくは、専門家に相談してください




売電とオール電化で節電しましょう。

 昼間は太陽光発電システムで発電して家庭の電気を余った電力は
電力会社に売り、雨の日や夜間は従来通り購入
する。
このように電力会社と系統連系することにより、年間を通じて
電気料金を軽減できます

 住宅用の太陽光発電システムのほとんどは、太陽電池からの電気の他に
電力会社からの電気も引き入れています。
夜や雨の日など自家使用量が発電量を上回るときは電力会社からの電気を使い、
逆に発電量が自家使用量を上回るときは、余った電気を電力会社に売ることが
できるのです。
 
太陽光発電の最大の魅力は、日中の発電中に余った電力を売電できる事です。
売電ができる発電システムは太陽光発電だけです。

 また、オール電化にすると、各電力会社の
お得な電気料金メニューや、
オール電化割引などを活用できるため、光熱費を大幅に削減することができます。
お得な料金はエコキュートだけでなく、全ての電気製品に適用されるため、
ガスを使うよりも光熱費が削減できます。
 太陽光発電とオール電化を組み合わせることで、昼間は太陽光発電で発電した
電気を使い、夜はオール電化割引の安い料金で電気を使うことができるので、
一層節電することが出来るのです。

PageTop

太陽光の一括見積もりサイト

太陽光の補助金と価格

見積もり・設置・工事

サイトについて

ソーラー発電のお役立ち情報

用途別のプラス・マイナス

自治体での補助金の活用