ソーラー発電

ソーラー発電のメリット・デメリットとは?

ソーラー発電のメリット

 太陽光発電における最大のメリットは、エネルギーが無尽蔵であり、
かつクリーンである
、という点です。
 石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時に二酸化炭素、
硫黄酸化物、窒素酸化物などの大気汚染物質を発生させることがありません。
結晶系シリコン太陽電池による二酸化炭素削減効果は、1kWシステムあたり、
年間で314.5kg原油削減量は、1kWシステム当たり年間で227リットルにも
なるということです。地球環境にやさしいということですね。

 そして、太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく発電効率が一定
なので、設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができます
一般家庭のベランダや屋根からから大規模な専用施設まで、それぞれの施設に
合ったシステムを設置できるのです。
騒音や排出物もないので、日射量さえ確保できれば、設置場所を選びません
屋根や屋上などへの設置のほか、近年ではビルの壁面への設置も増えています。
また、メンテナンスが容易な点も、他の発電システムに勝っています。
太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、メンテナンスが簡単なのです。
システムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は、
設置場所や天候などの諸条件によっても変わりますが、おおむね20年以上
されています。


太陽光発電のデメリット

 では、太陽光発電は良いこと尽くめなのか、というと、残念ながらデメリット
もあります。

 たとえば、現在の
太陽光発電は発電コストが高くつく、効率性、経済性の
低いエネルギー源なのです。
経済的には重大なデメリットを抱えていることを正しく認識する
必要があります。
 技術開発や普及拡大で太陽光発電のコストが下がり、将来、
グリッドパリティ
(系統電力価格より太陽光発電が安くなる)に到達すれば、
本当の意味で環境にやさしいエネルギーとして、
太陽光発電が主役になる
ことでしょう。

 太陽光発電の
コスト高の最大の原因は、初期導入費
すなわち太陽光発電機器や工事費等です。
初期費用が高くつくので、
回収期間も長くかかります。これもデメリットですね。
 さらに、太陽光発電は、お天道様次第の発電です。
発電量は日照量に比例しますので、季節によっても変動しますし、
地理的条件や立地条件に大きな影響をうけます
地域によっては、塩害対策などが必要な場合がありますし、積雪については、
1メートル以上積もる地域には設置できないなどの制限があります。

 また、「オール電化」の導入についても、停電すると家庭内の全ての熱源機器
(給湯やIHクッキングヒーター等)が停止する、
ライフスタイルによっては光熱費が上がってしまう、などのデメリットが
あることも念頭に置いておくべきでしょう。


PageTop

太陽光の一括見積もりサイト

太陽光の補助金と価格

見積もり・設置・工事

サイトについて

ソーラー発電のお役立ち情報

用途別のプラス・マイナス

自治体での補助金の活用