ソーラー発電

ソーラー発電でオール電化にする方法

まず見積もりをとりましょう。

  ソーラー発電やオール電化を導入する際には、
まず施工販売業者から見積もりを取ります
その際は、「相見積もり」をとるようにすると良いです。
相見積もりとは、商品やサービスを購入する際に、
他の商品やサービスの見積りと比較する」ということです。
つまり、同時に複数の施工販売業者から、同じ条件で見積もりを
だしてもらうということです。

 絶対に相見積もりをとる必要があるわけではありませんが、
太陽光発電システムは、高い買い物です
本命以外の何社かから相見積もりを取ることで、
相場価格のチェックをした方が良いと思います。
 例えば、相見積りした金額の方が高ければ、
現状の見積りが適正価格であると判断できるし、
また、相見積りした金額の方が低ければ、
現状の見積りから価格の確認をすることもできます。

相見積もりは、悪徳業者や悪質な訪問販売から身を
守るためにも有効
です。
「この料金は今だけの期間限定です」
などと言われても、焦らずに他社の見積もりを取るべきです。
(そもそも、そういうことを言う業者は最初から怪しいですが。)
太陽光発電システムは、耐用年数の長い機材なので、施工販売業者
とは、長いお付き合いになります。
納得のゆく優良な業者を選びましょう



新築でなくてもフル電化は可能です。


 近年、新築住宅の「オール電化」が急速に普及しています。
従来ガスや石油が主役であった、調理器・給湯器・暖房機器などを
すべて電気でまかなう住まいのことを、「オール電化住宅」といいます。
そして、これらの電気を全て太陽光発電で賄うことを「フル電化」などと
呼んでいます。

 家庭で必要なエネルギーを全て電力で賄うと同時に、その電力を太陽光の力で
生み出すことで、家計で大きな割合を占める家庭の光熱費を大幅に抑え
さらに余った電気を電力会社に売ることで、より効果的に光熱費と、二酸化炭素が
削減できる
のです。

 オール電化では、家庭内で使われるエネルギーがすべて電気に統一されるため、
調理器・給湯器・暖房機器などをオール電化対応のものと交換する必要が
あります。
このため、新築の際に、太陽光発電システムの設置とあわせてオール電化住宅に
する方が多いのですが、既存住宅でも、「フル電化」は可能です。
太陽光発電システムを設置すると同時に、
ガスコンロをIHクッキングヒーターに、燃焼型給湯器を電気温水器か
エコキュートに交換すれば、既存住宅も「オール電化住宅」とすることができます



PageTop

太陽光の一括見積もりサイト

太陽光の補助金と価格

見積もり・設置・工事

サイトについて

ソーラー発電のお役立ち情報

用途別のプラス・マイナス

自治体での補助金の活用